「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」#3 HOME PARTY featuring LOLO公演概要について

劇団「ロロ」が10周年を記念し新たに始めるプロジェクト、「CIRCLE」。8月27日(火)〜30日(金)の4日間、六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内にて第1弾となる公演「ホーム・パーティ」を実施します。「CIRCLE」に登場する6人家族のなかから、今回は父・次女・三女の3名が出演。父・岸辺末永のバースデーパーティの準備を進める家族のシーンを、美術館閉館後の静かな展望台のなかでつくり出します。

 

なお、本公演は六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内の「東京カルチャーリサーチ」で開催中の「The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−」の関連イベントでもあります。東京カルチャーリサーチ内では、今回の公演とも深く関係する展示を実施中。公演前にぜひ展示会場にもお立ち寄りください。

 

日時|①8月27日(火)②28日(水)③29日(木)④30日(金)

   全て22:15 – 22:30(15分間)

※上演時間は15分を予定しております。

※3階チケットカウンターでチケット受付を済まされたのち、22:00に東京カルチャーリサーチにお集まりください。(係員がお待ちしています。)

※展望台への再入館はできません。

 

料金|無料

※ただし、展望台の入場料(一般1,800円他)が必要になります。

※peatixの精算済み画面を3階チケットカウンターでお見せください。

 

予約方法

8月17日(土)10:00より受付開始。

peatixの下記のリンクよりお申し込みください。

(クリックした日時の予約画面に進みます。)

①8月27日(火) 22:15~22:30

②8月28日(水) 22:15~22:30

③8月29日(木) 22:15~22:30

④8月30日(金) 22:15~22:30

 

構成|ロロ

演出|三浦直之 (ロロ)

出演|篠崎大悟、島田桃子、森本華 (以上ロロ)

 

衣裳|伊賀大介

協力|奥山三代都 坂本もも(以上ロロ)

特別協力|江本祐介、伊原正美、かもめブックス、Roji

展示企画|株式会社ツドイ、もてスリム

展示主催|東京カルチャーリサーチ

 

【公演に関するお問い合わせ】

株式会社ツドイ

下記のリンクよりお問い合わせください。

http://tsu-doi.jp/contact/

 

ロロ

劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団。2009年結成。古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら既存の関係性から外れた異質な存在のボーイ・ミーツ・ガール=出会いを描き続ける作品が老若男女から支持されている。15年に始まった『いつ高』シリーズでは高校演劇活性化のための作品制作を行うなど、演劇の射程を広げるべく活動中。主な作品として『LOVE02』(12年)、『ハンサムな大悟』(15年)、『BGM』(17年)など。『ハンサムな大悟』は第60回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。

http://loloweb.jp/

 

CIRCLE

ロロによる疑似家族をテーマとしたプロジェクト。とある「六人家族」にまつわるいくつものエピソードをパフォーマンスとして上演していきながら、2〜3年かけて大きな作品の制作に取り組んでいきます。2019年夏より始動し、パフォーマンスのみならず展示やイベント、写真、映像などさまざまな形での発表をつづけます。

http://loloweb.jp/circle/

 

The Exhibition Of HOMEFUL −New Home, New Hope.−

本展覧会は、もてスリムが提唱する「ホームフル(HOMEFUL)」の概念を軸とし、#1 HOMELESSON、#2 HOMENESS、#3 HOME PARTYと3回にわたり開催します。「ホームフル」とは、シェアリングエコノミーが普及し、働き方・暮らし方が変わったことで「家」や「ホーム」が分散し遍在する状況を表す概念。この概念を通じて「家」や「ホーム」のあり方を見直し、社会のシステムやコミュニティが大きく変わっていくなかで人々がよりよく生きていける可能性を探求していきます。#3 HOME PARTYでは、劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団ロロと連携し、展示やイベントを行います。

 

東京カルチャーリサーチ

絶え間なく変化する東京のカルチャーシーンを発見・研究し、その紹介をする小展示スペース「東京カルチャーリサーチ」が52階展望台に隣接するTHE SUN & THE MOON内にオープンします。「東京カルチャーリサーチ」は、東京が生み出すカルチャーの中でも、特にマンガ、ゲーム、アニメ、メディアアート等を深く掘り下げ、「東京シティビュー」としての独自リサーチとセレクションに基づき「東京の文化的特異点」を感じる作品を不定期で展示していきます。